「東大寺龍松院 筒井家所蔵拓本展」筒井長老から学ぶ拓本勉強会

今回展示されているのは、東大寺龍松院 筒井家が所蔵するコレクションで

今では採拓が不可能な国宝、重要文化財の拓本が多く展示されています。

奈良地域デザイン研究所の設立賛同人でアドバイザーでもある

東大寺長老 筒井寛昭師に、「拓本から見える歴史」のお話を

していただきました。  

又、奈良大学博物館 関根館長にも説明をいただきました。

日 時 : 令和3年7月21日(水) 奈良大学博物館